• トップ
  • 石黒亜矢子 [現代版]絵本 御伽草子 付喪神
石黒亜矢子 [現代版]絵本 御伽草子 付喪神
石黒亜矢子 [現代版]絵本 御伽草子 付喪神

石黒亜矢子 [現代版]絵本 御伽草子 付喪神

1,650
(0point)

↑ ↓

「おろろんおろろん」と「九つの星」と「付喪神」いずれか2点ご購入で
「クロッキーメモ1冊」or「トートバッグ大ひきずり猫」プレゼント


【現代版】絵本 御伽草子 付喪神

町田 康 (著)/石黒 亜矢子 (著)

【発売日】
講談社 (2015/10/8)

【サイズ】
22.2 x 15.4 x 1.4 cm
64ページ

【内容紹介】

人気作家の自由自在な想像力で、あの「おとぎ話」が新しい文学に生まれ変わった! 個性豊かな画家の美しい絵とのコラボレーションで贈る、現代版「絵本 御伽草子」シリーズ、刊行開始。
 

【町田 康プロフィール】

1962(昭和37)年大阪府生れ。町田町蔵の名で歌手活動を始め、1981年パンクバンド「INU」の『メシ喰うな』でレコードデビュー。俳優としても活躍する。1996(平成8)年、初の小説「くっすん大黒」を発表、同作は翌1997年Bunkamuraドゥマゴ文学賞・野間文芸新人賞を受賞した。以降、2000年「きれぎれ」で芥川賞、2001年詩集『土間の四十八滝』で萩原朔太郎賞、2002年「権現の踊り子」で川端康成文学賞、2005年『告白』で谷崎潤一郎賞、2008年『宿屋めぐり』で野間文芸賞を受賞。他の著書に『夫婦茶碗』『猫にかまけて』『浄土』『スピンク日記』『スピンク合財帖』『猫とあほんだら』など多数。

【石黒 亜矢子プロフィール】
1973年、千葉県生まれ。イラストレーターとして本の装丁画、挿絵、絵本などで活躍。現在、千葉県在住。装画・挿絵に『豆腐小僧双六道中ふりだし』(京極夏彦・著/講談社)『京極夏彦の妖怪えほんシリーズ』(岩崎書店)、絵本に『ばけねこぞろぞろ』(あかね書房)など。